代表取締役 荒木 重雄 Shigeo ARAKI

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修士課程修了
総務省・スポーツ×ICTWGメンバー
一般社団法人スポーツビジネスアカデミー(SBA)代表理事

TOP >  マネジメントチーム >  荒木 重雄

日本IBMをはじめ、外資系コンピューター・通信会社の要職を経て、ドイツテレコムの日本法人(T-Systems Japan)の代表取締役CEOに就任。

2004年のプロ野球再編をきっかけに2005年1月千葉ロッテ球団入り。執行役員・事業本部長として同球団の経営改革に着手。当時のバレンタイン監督と二人三脚で数々のファンサービスを展開し、「ファンサービスのロッテ」のブランディングを構築するなど、ファン、球団、地域との一体化を推進。
また、プロスポーツ界で初となる「指定管理者制度」を活用した球団・球場の一体経営にも着手。当時では珍しく、外部から優秀な人材を十数人採用し、組織の活性化を図るとともに、システム・インターネットを活用したITマーケティングも展開。
その結果、わずか就任3年間で売上を約4倍に伸長させ、注目を浴びる。

また、ロッテ球団に籍を置きながら、パ・リーグ6球団の共同事業会社、パシフィックリーグマーケティング(PLM)の取締役・執行役員として事業の立ち上げにも貢献。
その他、日本サッカー協会(JFA)の広報委員をはじめ、観光庁、文部科学省、総務省等のスポーツ関連プロジェクトなどにも多数参画。

2009年7月に独立し、当社を設立し代表に就任。
2013年からは、日本野球機構(NPB)の特別参与(後にNPBエンタープライズ執行役員・事業担当)に就任し、野球日本代表・侍ジャパンの事業戦略、デジタル戦略を担当し、侍ジャパンの常設化とともにプロ・アマが一体となった「全世代・侍ジャパン」の立上げに貢献。

2015年9月、スポーツ経営人材、および、一般企業におけるスポーツ活用人材の育成を目的に、一般社団法人スポーツビジネスアカデミー(SBA)を設立し、代表理事に就任。
2017年6月、一般財団法人全日本野球協会(BFJ)の理事に就任。現在に至る。

荒木 重雄(あらき しげお)
代表取締役

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科修士課程修了

[ 主な経歴 ]

  • 日本アイビーエム株式会社
  • ドイツテレコム株式会社(T-Systems Japan) 代表取締役&CEO
  • 株式会社千葉ロッテマリーンズ 執行役員 事業本部長
  • パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM) 取締役 執行役員
  • 公益財団法人日本サッカー協会(JFA) 広報委員
  • 一般社団法人日本野球機構(NPB) 特別参与 侍ジャパン事業戦略担当
  • 株式会社NPBエンタープライズ 執行役員 事業担当
  • 文部科学省委託事業 スポーツの環境整備に関する調査研究事業 プロジェクトメンバー
  • 一般社団法人日本トップリーグ連携機構 プロジェクトメンバー
  • 国土交通省・観光庁 スポーツツーリズム推進連絡会議 委員
  • 株式会社ホットランド 取締役